眼科 コンタクトについて 交通・地図 内科 医師の紹介 経鼻内視鏡 ご挨拶 TOP

みくに内科眼科クリニックのロゴ
世田谷区下馬1-45-17
TEL:03(3411)3920



診療科目
 内科 :
・消化器 ・糖尿病 ・肝臓病 ・呼吸器 ・循環器
・アレルギー外来 ・生活習慣病外来・AGA・ED

 眼科 : ・白内障 ・緑内障 ・網膜疾患 ・コンタクトレンズ取り扱い
医療機材(内科) ・上部内視鏡 ・経鼻上部内視鏡 ・腹部超音波 ・心臓超音波 
・頚動脈エコー ・乳房エコー ・レントゲン ・ホルター心電図 
・血圧計 ・ 呼吸機能検査 ・聴力検査・心電図
医療機材(眼科)   ・眼底カメラ ・レーザー ・視野計 ・細隙灯顕微鏡
 ・視力計  ・眼圧計
 世田谷区の区健診:内科・眼科ともに同時に受けることが可能となっております。

お知らせ:

11月5日(土曜) 南川先生外来 と 眼科外来休診となります。

2016年7月から 月曜午後と土曜日に南川里抄先生も みくに内科眼科クリニックで外来を行います。

駐車場:当院横のドラックストア・クリエイトさん駐車場2台をご利用いただけます。
     クリエイトさん駐車場が満車の場合は、提携しているタイムス・パーキングがございますので、受付までお声掛けしてください。

OCT(光干渉断層計)について:
当院ではTOPCON社3D OCT-2000を導入しました。
高画質・高解像度・デジタル画像をスピーディに撮影することができる、最新の眼底3次元画像解析装置です。
緑内障やさまざまな眼底疾患に対するスクリーニング検査や、3D情報による病態把握や病態の広がりの観察などに特に有用です。

経鼻上部内視鏡について:
フルデジタル電子内視鏡システムの最上位シリーズを使用しております。
高度な分光画像処理機能「FICE」を使用しております。
「FICE」とは、検査中に画像処理を行うことにより、早期癌や粘膜異常病変の描出能力向上が期待できる機能です。

問診票:
「インフルエンザ予防注射の問診票」
「内科問診票」「眼科問診票」
が ダウンロードできます。


 より健康でいただくために、生活習慣の改善を積極的に支援しております。

受付時間(内科)
9:30〜12:30
受付開始9:10

Dr福田

Dr小林

Dr南川
15:00〜19:00
Dr南川
 受付時間(眼科)

9:30〜12:30
受付開始9:10
15:0018:00
消化器・小児科・婦人科
 南川先生
 毎週 月曜午後 土曜午前
循環器外来 
 福田先生(東京医療センター 循環器内科)
 毎週 木曜日 午前
消化器
 小林先生(東邦大学大森病院 消化器内科)
 毎週 金曜日 午前





内科医師眼科医師


 ●日曜日・祝日は、内科・眼科ともにお休みです。
 ●眼科は木曜日は休診です。
 ●駐車場はクリニック横に2台完備しております。
 ●レーザー治療・エコー・内視鏡などは予約制です。
   電話番号:03-3411-3920



経鼻内視鏡について:
詳細は「経鼻内視鏡」のページをご覧ください。
当院では一般の口から挿入する胃カメラのほか、「口からの内視鏡はつらい」という方のために
鼻から挿入する吐き気を感じにくい経鼻胃カメラも使用しています。

経鼻から内視鏡をする場合、胃の動きを止める注射は打ちません
価格保健医療なので、従来の内視鏡検査と同価格です。

勤務医時代の年間2000件を超える豊富な内視鏡検査経験をいかし「苦しみ、痛み」のない内視鏡検査を実現しております。


みくに内科眼科クリニックのロゴ


運動不足や過食などのライフスタイルの変化と高齢化にともない、耐糖能異常(糖尿病)、高脂血症、高血圧、肥満など、いわゆる生活習慣病が増加しています。

  とくに、これらの病態が集積することにより、虚血性心疾患(心筋梗塞など)や脳血管障害(脳梗塞など)などの動脈硬化性疾患が増加します。
  充実した人生を送る上で健康であり続けることは重要である。そのためには正しい健康管理方法を理解する必要があります。
  生活習慣病、心臓病は男性は40代、女性は閉経後の50代から増え始めます。年1回は定期健診を受け早期発見、早期治療を心掛けましょう。


<動脈硬化を予防する食生活>

  青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)という成分は血栓を溶かす作用があり、動脈硬化を予防します。
  またタマネギに含まれる硫化アリルも血液をサラサラにします。


<生活習慣病を予防し、改善させる運動>

  少なくても週1回、はやく歩くことやジョギングなどで汗をかく。
  ただこれまで運動習慣のなかったものがいきなり運動を開始すると、心血管系や膝関節などに障害をきたし、それが原因で運動が継続できなくなることもある。
  そのようなことが起こらないように運動は軽い強度からはじめて、徐々に強度を上げていくようにする。各個人が無理なくできる運動を日常生活にとりこみ定着させることが重要である。
  それぞれの方に合った運動方法を理解する必要があります。



クリニック正面クリニック正面
  クリニック横に2台分の駐車場があります。駐車場使用希望の方は受付で駐車券を受け取ってください。


クリニック玄関
  院内外はバリアフリーになっております。車椅子のかたも安心して受診いただけます。
 診察室・トイレも車椅子で入っていただけるようスペースを広くとっております。


受付写真受付
車椅子の方のために低い受付台も用意しております。
電話番号:03-3411-3920


待合室写真待合室
  落ち着いた雰囲気でくつろげるようにしております。


レントゲン室写真レントゲン室
  一般的にレントゲン室は暗くで閉鎖的な空間ですが、当院では明るくメルヘンチックな雰囲気にしました。胸部、腹部、骨の撮影ができます。


内視鏡室・超音波室
  鼻からでも挿入が可能な最新鋭の5.9mm極細・内視鏡を使用しております。
内視鏡検査終了後、モニターを見ながら詳しく説明いたします。
  最新鋭のLogic3を使用し腹部超音波、心臓超音波検査を行っています。


レーザー治療室写真レーザー治療室
  最新型のレーザー光凝固装置を使用しております。
 大学勤務中レーザー治療を専門に行っていました。
 緑内障、糖尿病、網膜剥離裂孔、網膜静脈閉塞症などの治療を
 日帰りで行っております。


視野計測定室写真視野計測定室
 視野検査によって、眼、視神経、脳などの沢山の病気が発見され ます。視野検査をすることにより、緑内障の初期変化を確認するこ とができます。


点滴室
  カーテンで仕切られ、外の光を沢山取り込んだスペースです。


内科診察室写真内科診察室
 患者さまやご家族の方に病状を分かりやすく理解していただくために電子カルテとコンピューターを利用し ております。また、経鼻内視鏡、超音波、心電図、レントゲンなどの最新医療機器を備えております。


眼科診察室写真眼科診察室
 眼底カメラ、細隙灯顕微鏡で撮影した写真を、その場で大型モニターで映し出します。撮影された写真を 見ながら説明を受けることで、ご自身の状態をより詳しくご理解いただけるようにしております。
 当院では糖尿病網膜症などを詳しく調べる蛍光眼底造影検査も内科医との連携により検査が可能となっ ております。


処置室
 呼吸機能検査・聴力検査、内科・眼科処置を行っております。


キッズ用備品写真キッズ
  子供さんが退屈しないように折り紙などを用意しております。


洗面所
  車椅子の方も使用できるように広いスペースをとってあります。






内装、ホームページ製作
株式会社 アレクサンダー
本社所在地 東京都世田谷区下馬6-3-8   

みくに内科眼科クリニック:携帯用ホームページ0

電話番号:03-3411-3920



● 1−45−17 SHIMOUMA,SETAGAYA−KU TOKYO JAPAN TEL・FAX :3411−3920